2008年08月01日

地縄張り

地縄張り

建物を敷地のどの位置に配置するのか、各部屋から何が見えるのかなどを確認するために、設計段階で一度地縄をはってみることにしました。
広い敷地である場合に建物位置の決め手を探る目的でもあります。
防火地域の指定はありません(22条地域ではあります)が、壁面線の1階で3m、2階で5mの離れなどの考慮は必要です。外壁を板張りにすることを計画していますので、2階外壁面で5mを敷地境界線から離せるのかなども実際に確認してみようという考えでもありました。そういったことを可能にするだけ広い敷地の条件ですが、配置の決め手を何にするのか・・・。
四角形から三角形が飛び出しているように見えますがが、当初は☆型のような間取りを意識した音楽室でした。

[2001.05.12]


posted by 太郎丸 at 18:53| 扇台の木の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。